本牧まりん blog

私はいつでも本気です。

実体験

『気まぐれ仔猫ちゃん』を観に来てくれたお客様からの質問で、

一番多かったもの。

「あれは実体験なのですか?」

 

(…あれって…どれの事なんだろう(笑)?)

 

聞かれるだろうな、とは思っていました。

なので、最初から答えを用意していました。

 

「違います。全て作り話しです。」と。

 

でもね、

私自身に起こった事だろうが、

他人に起こった事だろうが、

全くの空想だろうが、

「私自身から出た作品」だから、

私にとっては「全てが実体験」みたいなモノなのです。

 

「気まぐれ仔猫ちゃん」は、

私の仲間達(主にMちゃん)が、

私にくれた様々な言葉がベースになっています。

その、私の心に沁みた素敵な言葉の数々を、

「色んな人に伝えたい」と思ったんです。

 

すると…ある日突然、

私の頭の中で、

登場人物達が会話を始めたんです。

それを書き留めて

「原案稿」が出来上がりました。

 

今年の3月に、公演を打つ事が決まってからの数ヵ月間は、未知の世界でした。

スラスラと出来上がった「原案稿」は、ほんの20ページ程度。

このまま舞台に上げようだなんて、もってのほか!!

脚色しなければ!!

 

自分の中にある感情のカケラを拾い集めて、

色んな事を沢山沢山考えて、

「思い」を慎重に言葉に乗せて、

自分の中で一つに繋がる様に、

組み替えたり削除したりを繰り返して、

物語を作り上げる。

ガサツな私にとって貴重な経験でした(笑)。

丁寧に丁寧に過ごした数ヵ月だったなぁ☆

ガマンする事も覚えましたしね(笑)。

 

改めまして…劇団大女優さん、ありがとうございました☆

 

只今、新しいお話しを書いています。

次は、最初に宣言しようかしら。

「全て本牧まりんの実体験です」と。

( *´艸`)

でも、そんなお話し、誰も見たく無いよね?(笑)

いまないたまりんがもうわらった

あんなヘコタレ日記をアップしたくせに、
思いっきり吐き出したからか、
無駄にスッキリしております。


「気まぐれ仔猫ちゃん」には、
私がお世話になっている方々が
沢山沢山見に来て下さいました。
そして「続けなさい」「次は一緒に」と言って下さった。


よし。
やるぞ。
うん。

私もう二度と何かを諦める事はしない。
言い訳もしない。


…考えてみたら、私ってドMじゃん。
トゲトゲなんて全く怖くないじゃん。
むしろ大歓迎じゃん。(←おいっ!)

っていうか、そもそもだよ!
自分で書いたクセに忘れてたけどさ、
「気まぐれ仔猫ちゃん」は
『あなたの心に刺さったトゲを抜いてあげられるのは、あなた自身しかいない』
って事が言いたくて書いたんじゃん!


おい、まりん!
トゲは自分で抜け!
トゲトゲのヨロイ位、自分で脱げるだろうが(笑)!


私にとって、舞台ほど楽しいモノは他に無い。

私は舞台を作る為に生きている。

お客様も、スタッフ様も、キャスト様も、みんなが楽しいと思える舞台を作るんだ。

もうすでに私の中には「ワクワク」しかない。

それはみんながいてくれるから。

私に勇気と力をくれて、ありがとう。

さぁ、次は何をやってやろうか!
( *´艸`)
ぷーっ、くすくす♪

「 い か り 」

「怒り」のパワーは恐ろしい。自分を制御出来なくなる。
「怒り」を感じている自分に対しても「怒り」を感じ、更に「怒り」は増幅する。
「怒り」の正体って一体何なのだろう。


今回、劇団大女優さんの舞台の作・演出をやらせて頂いて、
スタッフ様、キャスト様、お客様から、それはそれは沢山の愛をもらいました。
本当に感謝しております。


が、作品を作り上げるうえで、稽古をしていく中、色々な事を諦めたりもしました。

 

・・・公演を終えた翌日、
「諦めた事は、作品を作るうえで、果たして正しい事だったのだろうか」
「諦めたのではなく、投げ出しただけだったのではないだろうか」
と、とても激しく「後悔」した時に、自分でも驚く程の強い「怒り」を感じたのです。


なんという未熟さ。
なんと愚かな事でしょう。
全ては自分が判断して、招いた事のハズなのに。


その「怒り」は、いまだに消えていません。

疲れました。

本当に本当に疲れました。


「後悔」なんかしたって、もう取り返しがつかないのにね。

きっと「もうこれ以上傷付きたくない」と思ったから、
激しい怒りで防御したのだと思います。

今の私は、まるでトゲトゲのヨロイを着ているみたいです。

そのトゲトゲは、結局自分にも刺さってしまって、

動く事すら怖くなってしまっています…。

私は一体、いつまでこのヨロイを着ているつもりなのでしょうか。

 ・・・早く脱ぎたいです。

追い込みます

初めて、役者さん全員が揃っての稽古でした。

本当にお忙しい方々ばかりで、

稽古に三人しか揃わないような日もあったりと、

内心ハラハラしておりましたが、

やっと、通し稽古をする事が出来ました。

 

実は、一度もやった事がないシーンもあったりして。。。

そんな状態なのに、バシッと演じて下さる皆様に、本当に驚きました。

 

素晴らしいメンバーが集まった舞台です。

 

身が引き締まると同時に、

こんな素晴らしい方々が、

私の作品に全力で向き合って下さっている事に、

涙が出そうになりました。

 

・・・あと、数日もしたら、また、いつもの日常に戻る。

 

いま、やるしかない。

 

私の精一杯で向き合って、作品を作り上げます!!

 

劇団大女優「気まぐれ仔猫ちゃん」見に来て下さい。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

劇団大女優のお稽古

劇団大女優のお稽古、始まっています。

 

役者の皆さん方のお芝居があまりにも素晴らしくて、

演出そっちのけで見入ってしまいます。

 

台本の稚拙さと、演出の未熟さを、全力でカバーして下さるのです。

とてもあたたかくて素敵なメンバーに囲まれて、演出をさせて頂いてます。

 

皆さんの演技を見ていたら欲が出て来てしまい、

台本の大幅な手直しをしたくなってしまって、

思い切ってバッサリガッツリ大手術しました。

 

皆さんには大迷惑だという事は分かっているのですが、

どうしても我慢が出来ませんでした。

 

最後の最後まで、満足せずに、諦めずに、心を込めて良い作品を作ります。

 

ぜひ、見にいらして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

小劇場の舞台

ameblo.jp

こちらの舞台の演出をやります。

実力派揃いの中、

私が「演出家」でよいのか、

とっても不安ですが、

せっかくの機会なので、

妥協せず、

強気で行きます!

見に来て下さい。

いま私がアナタを傷付けていたとしても、私は後悔しない。

 

 

分かってる。

私ね、分かってるんだ。

どうしてアナタが、私の事が「イヤ」なのかを。

 

 

私が馬鹿で無知で、

世の中の事をなんにも分かって無いクセに、

とっても安易に、

「戦争反対」…って言ってるからだよね。

原発は要らない」…って言ってるからだよね。

「病院に行ったら無理矢理病名をつけられる」…って言ってるからだよね。

「健康診断に行ったら病気にさせられる」…って言ってるからだよね。

 

 

砂糖は麻薬…

薬は飲むな…

ワクチンは打つな…

抗がん剤は効かない…

テレビは真実を切り捨てて情報操作している…

電子レンジは食品を危険なモノに変える…

〇〇リボン運動は善意の陰謀だから騙されるな…

放射能に気を付けろ…

デトックスしろ…

水・塩・油は厳選して良いモノを使え…

アナタの細胞が汚ないから病気になったんだ、手術なんか無駄…

 

 

ね。

ふふふ。

ホント、読めば読むほど暴言ばっかりだ。

 

 

つまり私は、

アナタを傷付ける様な事を平気で言う。

アナタや、

アナタに関わりのある人の勤める会社や、

その取引先の利益を損ねるおそれがある事を言う。

 

 

つまりアナタは!

今までと変わらず!

反省もせず!

何も変える事なく!

このまま何事もなく過ごして行きたいから!

私の事が「イヤ」なんだ・・・よね?!

 

 

アナタはきっと、とっても優しくて穏やかな人。

だけど、間違いを認めない愚か者だ。

 

 

え?

 

 

…はい、その通り、私の方が何倍も愚かです。

それもわかってる。

 

 

…だって私は、

…私はね、

…私の弟がね、

精神的に不安定になり心療内科にかかり始めた時に発した

「精神薬を飲むと、俺、何かおかしくなるんだよ…薬は飲みたくないよ」

と言う訴えの言葉に対して、

とても安易に、

「お医者さんの出してくれた薬は飲んだ方が良いんじゃないの?」

と言ってしまったから。

 

それは、以前友達がね、

「心がツラい時には、お医者さんに頼るのも良いよ。精神薬を飲んだら、とても楽になったよ。」

と言っていたのを思い出したからなの。

 

私自身は精神薬を飲んだ事が無いクセに、だよ!

「飲むと、何かおかしくなる」と訴えて来たのに、

それを真剣に捉えてあげる事なく、軽々しく「飲め」と言ってしまったんだ!

そして結局弟は「薬漬け状態」になってしまったの。

 

 

その後、

たまたま本屋で見掛けた「脳はバカ、腸はかしこい」を読み衝撃を受け、

Facebookで友達がいいね!していた「内海聡」さんの記事を読み愕然とし、

いわゆる「その手の本」を読みあさり、茫然自失に。。。

 

あぁ、なんという無知!!

私は、弟に対してなんと罪な事をしたんだ!!

 

…私ね、謝りに行ったんだ。

泣きながら頭をさげたよ、本当に申し訳なくて。

弟は笑っていたけどね。

 

心が苦しくて、

身体が悲鳴を上げて、

自分では正しい判断が出来ない状態の人には、

周りの「助け」と「愛」が絶対に必要だから、

どうかどうか「嘘の刷り込み」に惑わされないで欲しいの。

…私みたいな後悔を、誰にもして欲しくないんだよ。

 

 

私の知り合いには、お医者さんも薬剤師さんもいる。

TV局で働いている人もいるし、私自身もお仕事させて頂いている。

ケーキ屋さんで働いている人もいるし、〇〇リボン運動を応援している人もいる。

親御さんがガンになった時に自分の貯金をはたいて抗がん剤治療を選んだ人もいるし、

 

・・・そして今、何人もの大切な仲間が闘病している。

 

みんな大切な人達、みんな優しい。

私の発言が、そういう人達を「攻撃」しているのも分かっている。

 

 

でも私ね、知ってるんだよ。

 

本当はアナタが、私に対して

「アイツが言っている事は正しいのかもしれない」って、思っている事を。

ただ、アナタが私に同意したら、いつか誰かに責められた時に、

言い逃れが出来ないから、賛同出来ないんだよね?

 

知ってるよ。

知ってるから大丈夫。

 

だから私は、発言する事をやめないから。

だって私は、

アナタの事を、

愛しているから。